スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の脱走防止対策


保護猫の譲渡にあたり、里親(ねこ親)様には脱走防止対策の徹底をお願いしています。

猫の場合、一度脱走させてしまうと再び会える確率は半分にも満たないものです。
多くの人達の尽力によって助かった命、守れるのは家族だけですから、脱走防止対策には抜かりのないようにお願いします。



■窓

換気等で窓を開けることがあると思いますが、網戸だけの状態は非常に危険ですから、絶対に網戸だけにはしないで下さい。
網戸は猫でも簡単に開けられますし、猫がぶつかったり等で網戸が外れてしまう事故も多いものです。

我が家では、100均で購入したワイヤーネットを活用した脱走防止対策を行っています。

ワイヤーネットを窓のサイズに合わせ、結束バンドで繋げます。
20170223 (3)

用意したワイヤーネットを、窓の桟にしっかりとハメ込みます。
20170223 (4)

ワイヤーネットの両端をしっかり桟にハメ込めば、ワイヤーネットと網戸の二重構造になり、猫が網戸に直接触れることを防止できます。
20170223 (5)

更に、ロックで窓を固定すれば、意図せず窓が開いてしまう事故を防ぐことができます。
20170223 (6)

この対策のポイントは、ワイヤーネットをしっかりと桟にハメ込むこと。そうすれば、猫がよじ登ってもビクともしません。
20170223 (11)

ご紹介した事例以外にも、ワイヤーネット+突っ張り棒、ラティスを使った方法などもあります。




■玄関・ベランダ

玄関から人が出入りした隙に猫が外に出てしまう事故も多いものです。

多頭飼育の我が家では、万全を期すために、脱走防止用のドアを廊下に取り付けて、玄関へ猫が立ち入ることを防止しています。
20170223 (10)


玄関と猫の居住スペースをドアで仕切ることができる構造であっても、同居のご家族が複数いれば必ずしもドアが閉まっているとは限りませんから、事故防止のためにペットゲート等による対策を講じて下さい。

ペットゲートは市販されていますが、100均のワイヤーネットとブックエンドでDIYすることも可能です。
20170223 (7)

ポイントは設置場所。玄関扉にピッタリと密着させるように設置します。
20170223 (8)

玄関扉に密着させて設置することで、玄関扉を開けた時のすり抜けを防止することができます。(長時間ドアを開けたり、玄関と猫の居住スペースが直結している構造の場合には、この対策だけでは十分とは言えないので、ご注意下さい。)
なお、犬を飼っているご家庭では玄関のたたきと部屋の境界線にペットゲートを設置しているケースが多くみられますが、猫は市販のペットゲートを容易に飛び越えてしまいますから、猫の脱走防止対策としては不十分です。
20170223 (9)

玄関と同様に、ベランダ等の外への出入口にも脱走防止対策をお願いします。



ここでご紹介した事例以外にも、「猫 脱走防止」等の用語でネット検索すれば、様々な事例が紹介されていますから、家の構造や生活スタイル等に合わせた対策をご検討下さいね。

何年も一緒に暮らしてきた猫でも、脱走事故は起こり得るものです。
愛猫の生涯に渡って、しっかりと愛猫の命を守ってあげて下さい。



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

るんば♪

Author:るんば♪
保護猫のおうち探しをしています。

管理人へのメールは下記までお願いします。
sakuranouchi☆gmail.com
(☆を@マークに変えてね)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。