スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終生飼育のお願い


 猫の最新医療に関して、最近気になるニュースを幾つか耳にしました。慈恵医大による腎臓移植に関する研究発表(2016/8/23 日本経済新聞)、東京大による腎不全の原因究明に関する研究発表(2016/10/12 英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」)、猫慢性腎臓病治療薬の販売承認(2017/1/23 東レ株式会社プレスリリース)、などです。

 猫の平均寿命は15歳程度と言われてきましたが、20歳前後まで生きる仔も今では珍しくなくなってきました。
 医療の進歩に伴い、猫の平均寿命は確実に伸びていき、猫の寿命が近い将来には30歳になるとも言われるようになってきました。

 猫オーナーとしては非常に嬉しいニュースなのですが、保護活動に関わる身としては喜んでばかりもいられない複雑な心境にもなります。

 猫を譲渡するにあたって終生飼育をお願いしていますが、20年、そして30年にもなろうとしている長い猫の生涯に渡って、その命を守ることは決して容易なことではありません。

 飼育放棄の理由として多く耳にするのが、結婚や出産による環境の変化、家族のアレルギー症状、そして近年顕著に増加しているのが飼い主の死亡や入院等による飼育放棄です。

 誰も未来を正確に予測することはできませんが、少しでもご自身が抱えるリスクを考慮し、その対処方法を事前に十分検討しておけば、飼育放棄を避けられたケースは少なくないはずです。

 里親(ねこ親)をご希望するにあたっては、とりわけ単身世帯や高齢世帯は一般的に多くのリスクを抱えていると言えるため、慎重に検討を重ねて頂くようお願い致します。

20170109 (11)



■単身世帯
 
 単身世帯の場合、20年そして30年と言われるようになった長い猫の生涯に渡り、愛猫の命を守ることができるのは飼い主ただお一人となります。
 20年や30年といった長いスパンにおいて、不慮の事故や病気による入院など、一時的または一生に渡って、ご自身で猫のお世話をすることが困難となる事態が生じる可能性は、決して低いとは言えません。
 また、お若い方であれば、結婚や出産等によって生活環境が大きく変わり得ることでしょう。もし、パートナーが猫との同居を望まなかったら.....もし、産まれたお子様にアレルギー症状が出たら......ご自身の不可抗力によって飼育困難となることも十分想定されます。

 ご自身の年齢や健康状態、人生計画等を踏まえて、想定され得るリスクにどのように対処するか、必ず猫を迎え入れる前に十分検討し、不測の事態への対処方法について答えを持っておいて下さい。万が一の事態が発生してから初めて考えるのでは遅いのです。

20161230 (1)



■高齢世帯

 「高齢世帯」というのは、少し語弊があるかもしれません。
 
 重要なのは、ご家族の現在年齢が何歳なのかだけではなく、迎え入れる猫の年齢と推定余命、そしてご家族の「健康寿命」が適合しているか、ということです。
 例えば、猫の平均寿命が確実に伸びていくことを考慮すると、50歳以上のご家庭が仔猫を飼い始めるというのは、非常に多くのリスクを抱えていることを意味します。

 また、猫もシニアになると病院へ頻繁に通ったり、介護が必要になったり.....愛猫を最後まで看取るためには肉体的、精神的、経済的に飼い主の負担も重くなってきます。ご家族自身も年齢を重ねていきながら、こうした負担に十分対処できるのか、慎重に検討を重ねる必要があります。

 飼い主の死亡や入院、施設入居に伴い、身内が猫をセンターに持ち込むケースが後を絶ちません。
 
 愛猫を責任持って終生飼育するために、迎え入れる猫の年齢とご家族の年齢が適合しているか、しっかりご検討下さい。そして、不測の事態が起きた際にどのように対処し得るのか、対処方法についても十分にご検討をお願いします。




 




テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

るんば♪

Author:るんば♪
保護猫のおうち探しをしています。

管理人へのメールは下記までお願いします。
sakuranouchi☆gmail.com
(☆を@マークに変えてね)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。