愛猫 さくら


今は預かりっこがいないので、今日は愛猫のさくらについて書いてみたいと思います。


今ではこんなに無防備な寝姿を見せてくれるさくらですが、その昔は都内の或る地域で暮らす野良猫でした。人馴れしていなかったので、恐らく野良猫の仔として産まれたのだと思います。

fc2blog_201512271509014d3_convert_20151228154534.jpg


ある日、餌やりさんが大怪我をしてじっと動かない猫の姿を見つけ、動物病院で治療を受けさせてくれました。生粋の野良だったため、治療後はリリースして地域猫として暮らしていく予定だったそうです。
でも、左後足を断脚して三本足となってしまった猫が地域猫として生きていくのはとても過酷なこと。身を案じてくれた病院関係者の方が里親募集を呼びかけ、その募集記事を見て里親に名乗り出ました。

子供の頃に家で猫を飼っていた経験はあったものの、自分自身で飼うのはこれが初めて。猫飼い初心者なのに、人馴れしていない猫を飼おうだなんて、今から思うとちょっと無謀だったかも(苦笑)。
我が家に来た頃は人に対して警戒バリバリで、シャァーはもちろん、空気砲や猫パンチ(爪あり)が飛んできて、お世話するのもスリル満点でした。

fc2blog_20151227145611a76_convert_20151228154405.jpg


でも、フードファイターだったことが幸いし、美味しいご飯に釣られて少しずつ表情も柔らかくなり、徐々に徐々に、距離が縮まっていきました。この頃はちょっとした変化に一喜一憂していた日々でした。

fc2blog_201512271459185ee_convert_20151228154426.jpg


月日を経て、今ではすっかり家猫となったさくら。
ご飯そっちのけでおもちゃに夢中になったり、無防備な姿で気持ち良さそうに寝たり........今ではすっかり甘えん坊で愛らしい家猫です。

fc2blog_201512271502341d4_convert_20151228154452.jpg


でも、ちょっとした人の動きに警戒してビクっとしたり、野良猫走りでいそいそと隠れたり.......未だに消えきれない警戒心が見え隠れする時があります。野良猫として生きていくために身に沁みついた警戒心は、決して消えることはないのかもしれません。
そんなさくらが、不憫でもあり、愛おしくもあります。

fc2blog_201512271504154a5_convert_20151228154514.jpg


甘えん坊のさくら、アカネ(現:みるく)がねこ親様の家へと旅立ってから、ますます甘えん坊になったような気がします。
保護猫がいた時には、さくらなりにいろいろと我慢していたのでしょう。そう考えると、預かりボラをやることに少し後ろめたさを感じるのですが、飼い主のいない猫の過酷な生活を身をもって知っているさくらですから、きっと私の活動を理解してくれているんじゃないかと勝手に思っています。
さくら、これからも宜しくね。


hosineko-poti.gif
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

るんば♪

Author:るんば♪
保護猫のおうち探しをしています。

管理人へのメールは下記までお願いします。
sakuranouchi☆gmail.com
(☆を@マークに変えてね)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク