スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホップ・ステップ・ジャンプ


こまちさんが我が家にやってきて、約2週間が経過しました。

最初の10日程は私の存在が気に入らず、「おまえはこっちを見るな、息もするな、おまえのすべて嫌いじゃー」って勢いでシャーシャー言いながらパンチを繰り出していましたが、急に軟化し始めて、今ではスリゴロするようになりました(^^♪





最初の野良っぷりからは、触ってゴロゴロ言えるようになるには1ヶ月以上掛るかなと思っていただけに、これは予想外の展開。
人に撫でられる心地良さを既にしっかり学習していたようです。センター職員の方々が人に慣れるよう努力してくれた賜物ですね(^^♪



頭ゴッチン挨拶をしてきたり、自分から積極的に撫でてもらう仕草もみせるようになってきたので、土曜日にはケージの扉をオープンにしてリビングフリーにしてみました。
20170225 (1)

20170225 (2)

20170225 (3)

20170225 (4)

フリーにした初日の様子なんですが、どうです? 堂々とした家猫っぷりでしょ (^^♪
フリーの状態でもナデナデすることができたし、この翌日には抱っこもできたし、家猫街道爆走中のこまちさんです。



こんなにトントン拍子でこまちさんの家猫修行が進むなんて、嬉しい誤算♪ ジェシカちゃん、アンジェリカちゃんを追い越しちゃうとはなぁ.......

ジェシカちゃんとアンジェリカちゃんも、私の姿を見てゴロゴロ言うようになっているのですが、人の手に慣れていないので、撫でてもガッチガチで今は恐怖しか感じてないみたい (;^ω^)
ジェシカ&アンジェリカの姉妹は、もう少し時間が必要かな......



Instagramでも保護猫達の様子をご紹介しています ⇒ sakuranouchi

akasaka201703.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

市川ねこ親会(2017/2/27)


昨日は、ひこにゃん&カレンちゃんと一緒に市川ねこ親会へ参加してきました。

仔猫シーズンが終わっているので参加猫は少なめでしたが、それでも沢山のご来場者様で賑わっていて大盛況でした。



カレンちゃんは知らない場所に連れてこられてガッチガチになっていたけど、ご希望者様と触れ合うこともできたし、センター時代を思うと大きく成長したなと感じることができました。
ねこ親会でお見合をしたご希望者のうち1組に、カレンちゃんの将来を託すことを決定し、来月11日から新生活をスタートさせる予定です。

20170226 (1)



ひこにゃんもちょっとビクビクしていたけれど、落ち着いてた方かな。ここのところ少し鼻の調子が悪くて、青っ洟垂らしてたのがなんとも残念な感じだったけど.....(;^ω^)
そして、何よりも嬉しかったのが、ひこにゃんのことを気に掛けて会いに来てくれたご家族がいたこと。たとえこれがご縁に繋がらなくても、気に掛けてくれてる人がいるってだけで、保護主としては凄く嬉しかったです (^^♪
20170226 (2)

ひこにゃんの赤い糸はどこに繋がってるのかな....?




Instagramでも保護猫達の様子をご紹介しています ⇒ sakuranouchi

akasaka201703.jpg


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ねこ親様便り


ねこ親様から近況をお知らせ頂いているので、その一部をご紹介しますね。



■ マーティー(仮名ラトル)

先週末に頂いた写真なので1週間も寝かしてしまいましたが......どうです? この表情 (^^♪
ねこ親様に溺愛されているマーティー君なので、幸せに満ち足りたとても良いお顔をしていますね。
20170225 (6)

保護宅でもひつじの被り物を被せたことあるんですが、その時に撮った写真は使いモノにならないぐらい引き攣った顔してたっけ...(苦笑)
それがねこ親様のお宅では、キリリといい顔してるじゃないですか!
20170225 (5)

マーティー君はねこ親様のお宅で暮らすようになって本当に活き活きとしているように感じるので、このご縁に恵まれて本当に良かったなぁ...って改めて思います (^-^)
20170225 (7)



■ 花(仮名はるか)・空(仮名ゆたか)・海(仮名はやと)

相変わらず兄弟仲良く、良く食べ、良く遊び、良く寝て......仔猫パワー全開で暮らしているようです(^^♪
お届けの時には皮膚炎が酷かった海君ですが、ねこ親様のケアのお陰ですっかり綺麗に治っていますね。
20170225 (10)

花ちゃんは相変わらずのお転婆さんだそうで、ねこ親様がお風呂に入っていたら突然湯船にダイブしてきて、これにはねこ親様も花ちゃんもビックリ。何も考えずに行動してしまう猪突猛進な花ちゃんだけど、さすがにこれには懲りたようで、二度と風呂場には入ろうとしないんだとか(苦笑)
ねこ親様のお便りからは、仔猫パワーに翻弄されながらも、とても楽しく暮らしている様子が伝わってきました (^^♪
20170225 (11)



■ ベベ(仮名かりん)

お届けから2ヵ月が経過した、ベベちゃん。とても警戒心が強くて慎重な仔なので、ねこ親様もいろいろご苦労があったと思います。
ベベちゃんのように不器用な仔の場合、慣れてくれないから....とすぐに諦めてしまう人も少なくないのですが、ねこ親様は焦らずベベちゃんのペースで寄り添ってくださって、ベベちゃんとしっかり信頼関係が築けたことをこの数週間で実感されるようになったとのことで、私もこの言葉を聞いてとても嬉しく思っています (^^♪
お部屋のど真ん中で無防備に寛ぐ、ベベちゃん。ねこ親様を信頼しているからこその姿ですね。
20170225 (9)

キャットタワーも買ってもらったそうです。ねこ親様のお宅で見晴らしの良い一等地がベベちゃん専用スペースとしてどんどん占拠されていってるような......ねこ親様もすっかりベベちゃんの下僕ですね(;^ω^)
20170225 (8)



さて、本日は市川でねこ親会が開催されます。
我が家からは、ひこまろ君、カレンちゃんが参加いたします(カレンちゃんは事前に応募頂いたご希望者とのお見合のみ)。
今日参加予定の保護猫達も、この卒業生達のように素晴らしいご縁に恵まれますように。

ichikawaneko201702.jpg



Instagramでも保護猫達の様子をご紹介しています ⇒ sakuranouchi


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

終生飼育のお願い


 猫の最新医療に関して、最近気になるニュースを幾つか耳にしました。慈恵医大による腎臓移植に関する研究発表(2016/8/23 日本経済新聞)、東京大による腎不全の原因究明に関する研究発表(2016/10/12 英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」)、猫慢性腎臓病治療薬の販売承認(2017/1/23 東レ株式会社プレスリリース)、などです。

 猫の平均寿命は15歳程度と言われてきましたが、20歳前後まで生きる仔も今では珍しくなくなってきました。
 医療の進歩に伴い、猫の平均寿命は確実に伸びていき、猫の寿命が近い将来には30歳になるとも言われるようになってきました。

 猫オーナーとしては非常に嬉しいニュースなのですが、保護活動に関わる身としては喜んでばかりもいられない複雑な心境にもなります。

 猫を譲渡するにあたって終生飼育をお願いしていますが、20年、そして30年にもなろうとしている長い猫の生涯に渡って、その命を守ることは決して容易なことではありません。

 飼育放棄の理由として多く耳にするのが、結婚や出産による環境の変化、家族のアレルギー症状、そして近年顕著に増加しているのが飼い主の死亡や入院等による飼育放棄です。

 誰も未来を正確に予測することはできませんが、少しでもご自身が抱えるリスクを考慮し、その対処方法を事前に十分検討しておけば、飼育放棄を避けられたケースは少なくないはずです。

 里親(ねこ親)をご希望するにあたっては、とりわけ単身世帯や高齢世帯は一般的に多くのリスクを抱えていると言えるため、慎重に検討を重ねて頂くようお願い致します。

20170109 (11)



■単身世帯
 
 単身世帯の場合、20年そして30年と言われるようになった長い猫の生涯に渡り、愛猫の命を守ることができるのは飼い主ただお一人となります。
 20年や30年といった長いスパンにおいて、不慮の事故や病気による入院など、一時的または一生に渡って、ご自身で猫のお世話をすることが困難となる事態が生じる可能性は、決して低いとは言えません。
 また、お若い方であれば、結婚や出産等によって生活環境が大きく変わり得ることでしょう。もし、パートナーが猫との同居を望まなかったら.....もし、産まれたお子様にアレルギー症状が出たら......ご自身の不可抗力によって飼育困難となることも十分想定されます。

 ご自身の年齢や健康状態、人生計画等を踏まえて、想定され得るリスクにどのように対処するか、必ず猫を迎え入れる前に十分検討し、不測の事態への対処方法について答えを持っておいて下さい。万が一の事態が発生してから初めて考えるのでは遅いのです。

20161230 (1)



■高齢世帯

 「高齢世帯」というのは、少し語弊があるかもしれません。
 
 重要なのは、ご家族の現在年齢が何歳なのかだけではなく、迎え入れる猫の年齢と推定余命、そしてご家族の「健康寿命」が適合しているか、ということです。
 例えば、猫の平均寿命が確実に伸びていくことを考慮すると、50歳以上のご家庭が仔猫を飼い始めるというのは、非常に多くのリスクを抱えていることを意味します。

 また、猫もシニアになると病院へ頻繁に通ったり、介護が必要になったり.....愛猫を最後まで看取るためには肉体的、精神的、経済的に飼い主の負担も重くなってきます。ご家族自身も年齢を重ねていきながら、こうした負担に十分対処できるのか、慎重に検討を重ねる必要があります。

 飼い主の死亡や入院、施設入居に伴い、身内が猫をセンターに持ち込むケースが後を絶ちません。
 
 愛猫を責任持って終生飼育するために、迎え入れる猫の年齢とご家族の年齢が適合しているか、しっかりご検討下さい。そして、不測の事態が起きた際にどのように対処し得るのか、対処方法についても十分にご検討をお願いします。




 




テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

猫の脱走防止対策


保護猫の譲渡にあたり、里親(ねこ親)様には脱走防止対策の徹底をお願いしています。

猫の場合、一度脱走させてしまうと再び会える確率は半分にも満たないものです。
多くの人達の尽力によって助かった命、守れるのは家族だけですから、脱走防止対策には抜かりのないようにお願いします。



■窓

換気等で窓を開けることがあると思いますが、網戸だけの状態は非常に危険ですから、絶対に網戸だけにはしないで下さい。
網戸は猫でも簡単に開けられますし、猫がぶつかったり等で網戸が外れてしまう事故も多いものです。

我が家では、100均で購入したワイヤーネットを活用した脱走防止対策を行っています。

ワイヤーネットを窓のサイズに合わせ、結束バンドで繋げます。
20170223 (3)

用意したワイヤーネットを、窓の桟にしっかりとハメ込みます。
20170223 (4)

ワイヤーネットの両端をしっかり桟にハメ込めば、ワイヤーネットと網戸の二重構造になり、猫が網戸に直接触れることを防止できます。
20170223 (5)

更に、ロックで窓を固定すれば、意図せず窓が開いてしまう事故を防ぐことができます。
20170223 (6)

この対策のポイントは、ワイヤーネットをしっかりと桟にハメ込むこと。そうすれば、猫がよじ登ってもビクともしません。
20170223 (11)

ご紹介した事例以外にも、ワイヤーネット+突っ張り棒、ラティスを使った方法などもあります。




■玄関・ベランダ

玄関から人が出入りした隙に猫が外に出てしまう事故も多いものです。

多頭飼育の我が家では、万全を期すために、脱走防止用のドアを廊下に取り付けて、玄関へ猫が立ち入ることを防止しています。
20170223 (10)


玄関と猫の居住スペースをドアで仕切ることができる構造であっても、同居のご家族が複数いれば必ずしもドアが閉まっているとは限りませんから、事故防止のためにペットゲート等による対策を講じて下さい。

ペットゲートは市販されていますが、100均のワイヤーネットとブックエンドでDIYすることも可能です。
20170223 (7)

ポイントは設置場所。玄関扉にピッタリと密着させるように設置します。
20170223 (8)

玄関扉に密着させて設置することで、玄関扉を開けた時のすり抜けを防止することができます。(長時間ドアを開けたり、玄関と猫の居住スペースが直結している構造の場合には、この対策だけでは十分とは言えないので、ご注意下さい。)
なお、犬を飼っているご家庭では玄関のたたきと部屋の境界線にペットゲートを設置しているケースが多くみられますが、猫は市販のペットゲートを容易に飛び越えてしまいますから、猫の脱走防止対策としては不十分です。
20170223 (9)

玄関と同様に、ベランダ等の外への出入口にも脱走防止対策をお願いします。



ここでご紹介した事例以外にも、「猫 脱走防止」等の用語でネット検索すれば、様々な事例が紹介されていますから、家の構造や生活スタイル等に合わせた対策をご検討下さいね。

何年も一緒に暮らしてきた猫でも、脱走事故は起こり得るものです。
愛猫の生涯に渡って、しっかりと愛猫の命を守ってあげて下さい。



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

カレンちゃん募集停止


カレンちゃんですが、募集開始直後から沢山のお問合せを頂き、そのうち複数のご希望者様と譲渡に向けたお話合いが進んでおりますので、募集停止とさせて頂きました。

20170210 (2)


良いご縁となりますように。


Instagramでも保護猫達の様子をご紹介しています ⇒ sakuranouchi

ichikawaneko201702.jpg

akasaka201703.jpg



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

市川ねこ親会に参加します


今週の日曜日、市川でねこ親会が開催されます。



我が家からは、美しすぎる魅惑のサビ猫、カレンちゃんと、

20170219 (12)



脱力系癒しにゃんこ、ひこまろ君が参加いたします。

20170219 (11)



可愛い、可愛い2匹に会いに来てくださいね♪


カレンちゃんには募集開始直後から沢山のお問合せを頂いているので、ねこ親会では保護主テンパっていると思いますが.....当日は事前にお約束をさせて頂いている方の対応を優先させて頂きますので、ご質問等がある方は事前にお問合せをお願い致します。


Instagramでも保護猫達の様子をご紹介しています ⇒ sakuranouchi

ichikawaneko201702.jpg

akasaka201703.jpg


続きを読む

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

はじめまして、こまちです


もう1匹、新人さんがやって来ています。


こまちちゃん。推定2~3歳の女の子。

20170219 (8)



センターで1年超を過ごしてきた仔で、引き出してあげたいと思っていた仔のうちの1匹です。
今シーズンの仔猫収容も終わり、収容頭数も減ってきたので、やっと本来引き出したい仔に手を付けられるようになりました。

20170219 (7)



ちばわんが猫の引き出しを行っている千葉県動物愛護センターでは、人馴れしていない仔にも生きるチャンスをくれるので、とてもありがたいんです。
でも、人馴れしていない仔はボランティアが引き出さない限りセンターを出ることはできないし、引き出し手も少ないから、センター滞在期間も長くなりがち。

20170219 (6)



一筋縄ではいかないけれど、我が家を卒業したベベちゃん(仮名:かりんちゃん)のように、人馴れしていない仔だって時間を掛ければ人に慣れるし、本当のおうちを見つけて幸せになれると思うので、センター職員の方々の想いを引き継いで、これからこまちちゃんと共に家猫修行を頑張っていきたいと思います。

20170219 (9)


べべちゃんよりも手強そうな予感がしてきているけど.....頑張ろう、こまちさん。



Instagramでも保護猫達の様子をご紹介しています ⇒ sakuranouchi

ichikawaneko201702.jpg

akasaka201703.jpg


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

美人三姉妹


新人さんがやって来ています。

ジェシカちゃん。
20170219 (5)
20170219 (10)


こちらは、アンジェリカちゃん。
20170219 (4)


この写真を撮影する前日に病院に連れて行かれて恐怖体験をしてしまったので、すっかり不機嫌顔の写真になっていますが......本当はとっても美人さんです。
この仔達の美人っぷりを見たい方は、Instagramの方を覗いてみて下さいね。


実はこの2匹、カレンちゃんの姉妹です。
保護宅の都合でカレンちゃんを先に引き出しましたが、先日センターに残していた姉妹を引き取ることができ、やっと姉妹が保護宅で再会することができました。


ところでこの姉妹、写真を見てお分かりのとおり、野良気質です(汗)。
カレンちゃんがあっという間に人馴れしたので、この姉妹も余裕だろうと思っていたら、甘かった.....。
まぁ、攻撃性はなさそうなのでほどなく慣れると思いますが、焦らずにじっくり家猫修行に取り組みたいと思います。


幸せを掴むため、家猫修行に励むジェシカちゃん&アンジェリカちゃんの応援、よろしくお願いします(^^♪



Instagramでも保護猫達の様子をご紹介しています ⇒ sakuranouchi

ichikawaneko201702.jpg

akasaka201703.jpg


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ねこ親様便り(マーティー君)


ちょっと仕事が急に忙しくなったのと、カレンちゃんのお問合対応であたふたしていて、すっかりブログの更新が滞っておりますが.....


マーティー君のねこ親様からその後の写真を頂いていたので、その一部をご紹介させて頂きますね。



お届けから数日後にはケージに登ってやんちゃぶりを発揮している、マーティー君。
体重4kgの大人なんだから、ドタバタしてねこ親様に迷惑掛けないでね......

20170219 (1)



こちらは、おもちゃで遊んでもらうマーティー君。
保護宅ではおもちゃで遊んでもらう機会が少なかったから、いっぱい遊び相手をしてもらえるようになって良かったね(^^♪

20170219 (2)



これは、ねこ親様のお腹の上かしら。
甘えん坊ぶりを早速発揮しているようで、ねこ親様のストーカーをやっているそうです(;^ω^)

20170219 (3)

お届けしたその日の夜から、ねこ親様のお布団に潜り込んだというから、マーティー君の甘えん坊ぶりは筋金入り。
お届けからまだ1週間しか経過していないけど、今頃はO様と甘々の生活を送っているんでしょうね(^^♪


O様、マーティン君の写真、また楽しみにお待ちしておりますね♪



ブログの更新が滞っていたら、Instagramの方を覗いてみて下さいね(^^♪
Instagramでも保護猫達の様子をご紹介しています ⇒ sakuranouchi

ichikawaneko201702.jpg
※ 我が家からはひこにゃんとカレンちゃんが参加します。
  当日は保護主が対応に追われている可能性があるので、ご質問等があれば事前にメールでお問合せください。


akasaka201703.jpg


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

るんば♪

Author:るんば♪
保護猫のおうち探しをしています。

管理人へのメールは下記までお願いします。
sakuranouchi☆gmail.com
(☆を@マークに変えてね)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。